ポルトガル語を勉強するときに私が使う5つのアイテム

items

今日はポルトガル語を勉強するうえで、あるとなにかと便利なアイテムを紹介します。別になかったらなかったらで勉強はできます。極端な話をすればそれこそ紙とペンさえあれば語学の勉強はできるのです。

しかし今の時代、紙とペンだけで勉強しているという人は珍しいのではないでしょうか。便利アイテムを使うことで勉強はさらにはかどり、面白味も増します。

機械にばかり頼るのもよくないのですが、機械に抵抗を持っていては今の時代を生きてはいけません。いいなと思ったらぜひポルトガル語の勉強に役立ててください。

スポンサーリンク

ポルトガル語を勉強するときにある便利なアイテム

1、パソコン

今の時代、パソコンなしでは語学の勉強もはかどりません。ここでいうパソコンというのはインターネットも含めてことです。なにか分からないことがあればパソコンを使ってネットで調べる。

全て日本語の情報に頼るのではなく、ポルトガル語でポルトガル語の情報を調べる癖をつけると、さらに語学力はアップします。

人によってどんなパソコンを選ぶかは違ってきますが、私は旅行や移動にも便利なので最近は「ASUS T101HA」を使っています。

このパソコンはキーボードから取り外しができ、タッチスクリーン機能が付いているのでタブレットとしても使え、いつでもどこでも調べごとができ、これでブラジルの音楽や映画鑑賞をしたりすることもできます。特にせまい飛行機や電車の中で使うには便利かと思います。

2、電子辞書

パソコン一台持っていれば、ネット上のフリーのサービスを使えば電子辞書の必要性はぐっと少なくなります。ただ、ネット上にある辞書はあまり質がよくない、という問題があったり、外で使いたい場合などには電子辞書が一番便利です。

3、日ポ辞典

移動用に電子辞書、家に一冊念のため紙の辞書を置いています。電子辞書にはこの「現代ポルトガル語辞典」が含まれているので特に必要ないのですが、紙の辞書で引くほうが速いときが多々あります。

電源を入れて、文字を入力してという作業が面倒だったりするので、家にいるときは基本的に紙の辞書を使うようにしています。

4、英ポ辞典

どうしても日ポ辞書では見つからない単語があった場合、英語から調べるという奥の手を使います。そうすることで、ある単語にたどりつき、意味が分からない場合はさらにネットのwikipediaなどで調べると、探している言葉の訳が見つかることが多々あります。

5、小説

さらにワンステップ上を目指す人はポルトガル語で小説を読むことをおすすめします。文学で使われる言葉は普段使われる言葉とだいぶ違うので、また違った世界の単語を覚えることにつながります。また、小説ではきれいで正しい文法が使われているため、文法を確認するのにももってこいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で