ポルトガル語学習において避けて通れない勉強とは?

この記事は 約4 分で読めます。

americabra

ポルトガル語に限らず欧米の言葉をある程度勉強した人なら必ず気づかされるのが「英語」の大切さです。日本で生まれ育った、ほとんどの日本人にとっては一番最初に学ぶ外国語が英語ですが、ポルトガル語を勉強するにしても英語で得た知識を活用している、という事実は意外と忘れてしまいがちです。

アルファベットを書くにしても、主語、動詞、目的語といった文体を考えるにしても基礎となっているのは英語です。今回はポルトガル語を覚えるうえでの英語の重要性について考えていきましょう。

スポンサーリンク

ポルトガル語と英語の関係性

日本人がポルトガル語の勉強を始めるとき、誰もが「ゼロ」からスタートしているように思われがちですが、人によってはゼロではなく「1」だったり、「10」だったりします。

この違いは何かといえば英語力です。ポルトガル語も英語もそのルーツであるラテン語の影響を受けているため相違点が多く、どちらの言葉を学ぶにしても大きな助けになるのです。

特に似ているのは単語、文法、文体の3つじゃないでしょうか。単語は専門的な難しい単語になればなるほど似てきます。その最も例が新聞で英語が理解できれば、ポルトガル語の新聞はある程度理解できますし、その逆も同じです。

例えば今日の新聞を見てみましょう。
Protestos contra Copa do Mundo terminam com atos de violência

「反ワールドカップデモが暴動に発展した」という記事ですが、単語一つ一つを取っていくとその相違点が浮かび上がります。

ポルトガル語 protesto
英語 protest
意味 デモ、抗議

ポルトガル語 terminar
英語 to terminate
意味 終わる、終わらせる

ポルトガル語 ato
英語 act
意味`行為, 所業, 仕業

ポルトガル語 violência
英語violence
意味 暴力

ちなみにこの記事を英語に翻訳したものは「World Cup protests spark violence in Brazil」というタイトルにしていました。自然な訳にすると使う単語も変わって来ますが、ここでは直訳でも意味が伝わる、というところに注目してもらいたいです。

もちろん英語が喋れないとポルトガル語を覚えられない、ということではありません。ただある程度ポルトガル語ができるようになったら英語の勉強も平行してやると、さらなるスキルアップにつながります。

なにより一番の利点は英語が分かれば、ポルトガル語をいちいち日本語に訳さなくてよくなる、ということです。前回の読者の質問「ポルトガル語で~しちゃった、ってなんていうの?」でも話しましたが、日本語で考えようとすると、どうしても訳したときに無理が生じてしまう。これは英語の場合でももちろんありますが、言語のルーツが近い分だけ訳して考えても比較的違和感が少ないといえます。

英語の学習方法

ポルトガル語と同じでやる気さえあれば特に英会話に通う、あるいは教材を買う必要はありませんが、なかなかきっかけなしでは自分一人で勉強するのは難しいのが実情じゃないでしょうか。

もちろん一番いいのはアメリカなどに留学することですが、それも誰もができることではありません。そんな人には自分にあった学習方法を探すのがいいと思います。

 有料のおすすめ英会話オンライン講座

数ある中でダントツでおすすめしたいのはネイティブの講師が教えるEnglishtownです。ここはほかの格安スカイプの英会話と違って、教師全員がアメリカ人、カナダ人、イギリス、南アフリカ人などのネイティブです。

最近ではフィリピン人英語教師が当たり前になりましたが、やはりちゃんと覚えたい人は変な癖や訛りなどのないネイティブ教師と勉強するべきです。

Englishtownの詳細を読む

世界最大級のオンライン英会話EF Englishtown

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
英語
ポル語る.COM