サルバドールのおすすめポルトガル語学校(現地レポート)

salvador

多くの日本人の旅の目的地と知られているサルバドール。音楽やカポエイラなどブラジルが世界に誇る独自文化の中心であるこの場所で、ポルトガル語を学んでみたいと思っている人は少なくないはずです。そこで今回は「ポル語るドットコム」開設以来初となる現地の方とのコラボ記事を公開。おすすめのポルトガル語学校を紹介していただきます。

記事を書いてくれたのはサルバドールで語学留学中の「goodnaito」さん。日本はもちろん、ブラジルでもなかなか入手できない現地の生の情報を届けていただきました。ありがとうございます。
以下「goodnaito」さんによる投稿。

サルバドールでポルトガル語を学ぶには?

歴史地区及びペロウリーニョ、カポエイラ、ブロッコ…”よりコアな”ブラジルを求めてバイーア、サルバドールに興味を持っていらっしゃる方もいるかと思います。“観光だけじゃなくて、ポルトガル語もしっかり勉強したい!!!”今回はそんな方々に向けて、サルバドールでポルトガル語を学ぶ方法をお教えします。

① 語学学校で学ぶ

観光でサルバドールに来る方々向けの語学学校はバッハ地区(Barra)に集中しています。

メリット:
・文学部を卒業し、様々な外国人に合わせた教え方、メソッドのもとポルトガル語を学べる
・少人数もしくは個別での集中した学習が可能。

デメリット:
・少人数であればあるほど、先生との相性が学習意欲に影響。
・短期学習の観光客も多く入ってくるため、クラスや先生が頻繁に変わることもある。

ⅰ『Dialogo』

image002

・サルバドールの古株。Celpe-Brasの試験官を務め、バイーア連邦大学(UFBA, 通称ウフィバ) Celpe-Bras対策コースを担当している先生もここで教えている。無料のイベントはここの生徒でなくても参加可能。コース料金は比較的高め。

場所:Academia Dialogo School R. Dr. João Pondé, 240 – Graça, Salvador – BA, 40140-810, Brasil

Tell: (+55 71) 3264-0053

ⅱ『ICI – Instituto Cultural Idioma』

image004

昨年から今年にかけて出来た新しい語学学校。以前存在していた、「Escola Idioma」のメンバーの一部が新しく作った学校。無料のイベントやアクティビティがほかに比べて充実している。ただしここの生徒が対象。コース価格は普通。

場所: R. Florianópolis, 96 – Barra, Salvador – BA, 40140-320, Brasil


Website: https://www.icicultural.com/pt
Email: info@icicultural.com

ⅲ『BrazilLink』

image006

今年出来た新しい小さな語学学校。先ほどの「Escola Idioma」出身メンバーうちの1人が設立。Celpe-Bras対策は14年間指導してきた先生が教える。オリジナルの教科書が売り。生徒でなくてもイベント参加可能。コース価格は先述の2校より安い。
場所: R. Dias d’Ávila, 34 – Barra, Salvador – BA, 40140-270, Brasil

Tell: +55 71 3019 4021

② 大学文学部開講の外国人向けポルトガル語コースで学ぶ。

サルバドールの有名どころとしては、UFBAのポルトガル語コースがあります。ここの魅力はなんといっても安価で長期的に受講できる。

メリット:
・とにかく安い!!!

デメリット:
・基本的に6,7人のクラスになる。
・プレイスメントテストが機能しておらず、テストを受けずに参加する生徒もいるため。クラス分けが問題。
・選抜を潜り抜けてきてはいるものの、基本的に先生は文学部の学生が行うため、語学学校の先生に比べると教授法が確立されていない。

image008

必要書類: パスポート

開講時期: 一年に2回。2月~5月/8月~10月

※プレイスメントテストは開始の2,3週間前から。サイトで要確認。

※注意点…以前はなんの問題もなくこの講座で学生ビザを取る事が出来ましたが、現在は領事館の審査が厳しくなっています。(以前はポルトガル語科の学生が、学科の先生に戸籍の翻訳をお願いしていたこともあったと思いますが、現在では受け付けていないはずです。これも審査が厳しくなったため)

website: https://www.nupel.ufba.br/
Email: nupelilufba@gmail.com

③ 個別指導の先生の下で学ぶ。

知人や友人を介して、語学学校以外で個別の先生を見つけて授業を受ける方法です。語学学校の先生が、個別授業も受け付けてくれる場合もあります。他には、サルバドールではありませんが、自分の知人でポルトガル語開始前の時点で英語が話せた方は、Barでブラジル人の英語の先生を探してポルトガル語を教えてもらった方もいらっしゃいます(笑) ポルトガル語学習者のFBグループに参加して投稿するのもアリ。

【まとめ】

どこを選ぶにしても直面しうるのが、スペイン語圏の人の話すポルトニョール(スペイン語が混ざったポルトガル語のこと。スペイン語話者には言語が似ているが故の苦労があるようです) 。

この件に関して言いたい事は、始めの段階で彼らと一緒に勉強するのはあまりオススメ出来ません。なんでかって、私の知る限り彼らの多くは普通に喋れるので、文法がないがしろになります。もちろん文法がすべてではないし、ブラジル周辺国出身の友達も筆者にはいますが、せっかくお金かけて地球の裏側まで来ているのだから、個人的な付き合いとクラスメイトは分けるべきだと思います。滞在期間が短いのならなおさらです。

ただ、どこで誰と学ぶにしても、その機会を自分がどう利用するかが大事だと思います。
自分の納得出来る方法を見つけて、ポルトガル語を極めましょう!!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で