ブラジルの交通機関は何を使うべき?市内移動ならUberがおすすめ!

ウーバー

ブラジル旅行に行ったら、市内観光や移動のためにタクシーを使うこともあるはずです。そんなときは大幅に出費を節約できるUber(ウーバー)をぜひ使いましょう。



スポンサーリンク


Uber(ウーバー)とは? O que é Uber?

ウーバーとは個人のドライバーと乗客をマッチングするサービスで、いわゆるハイヤー、あるいは白タクのことを指します。ブラジル各地ではすでにウーバーが法律で合法化され、タクシー業界に激震が走っています。

それもそのはず通常のタクシーの半分から三分の一ほどの料金で乗れてしまうからです。空港から市内に行くときも、市内からバスターミナルに行くときも、またはちょっと近くに買い物に行くだけでもウーバーを使うことはできるので、今ではすっかりブラジルではなくてはならないサービスにまで成長しました。

ぜひ日本からブラジルを訪れる際にもウーバーを使って旅費を節約しましょう。

Uber(ウーバー)のメリットは? Qual é a vantagem do Uber?

Uber(ウーバー)は安全

意外かもしれませんが、個人タクシーのウーバーのほうが普通のタクシーより安全性は数倍高いです。というのもウーバーのドライバーとして登録するには無犯罪証明の提出が義務付けられており、運転手たちの個人情報は全てウーバーのシステムに登録されているため、なにかあったときにはすぐに身元を明らかにできるからです。

また、目的地をアプリ内で指定するので、運転手はGPSに従って運転するため、遠回りをしてぼったくるといったことができません。

料金も乗る前に表示される(変更があった場合は変動する可能性あり)ので、いくらかかるのは事前に分かるので安心です。

Uber(ウーバー)は安い

普通のタクシーを使う場合、例えばサンパウロの国際空港から市内の中心地に行くには150レアル以上は普通にかかってしまいます。一方でウーバーで行くと、半額ぐらいの値段で済ませることができます。

ウーバーにはランクがあり、ほかの乗客とシェアするUber Pool、小型自動車が対象のUberX、中型者が対象のUberBLACK、大きなトランクのある自動車が対象のUberBAGなど、それぞれ価格帯が変わってきます。

いずれにしても普通のタクシーを使うよりは何十%も安くなるのでお得です。

Uber(ウーバー)は現金でも払える

uber5

基本的にはクレジットカードで支払うのが一般的ですが、国や地域によっては海外発行のクレジットカードが対応していない可能性もあります。そんなときは目的地を決めるときに支払い方法で「現金 Dinheiro」を選択すれば、現金で支払うこともできます。クレジットカードをもっていない学生にはありがたいですよね。

Uber(ウーバー)の使い方 Como usar Uber

ウーバーの使い方は至って簡単です。携帯アプリをダウンロードし、個人情報を登録するだけです。登録はもちろん無料。費用がかかるのは車に乗ったときに払う交通費だけで、アプリ使用料などは一切かかりません。

uber

登録が終わったら、アプリを起動し、出発地(Local de Partida)と行き先(Destino)の住所をアルファベットで記入します。

uber7

すると近くにいるドライバーが自動で呼ばれ、残り何分で迎えに来るかが表示されます。その際にはドライバーの顔写真、車種、ナンバープレートが表示されるので、それに該当する車を探しましょう。

uber6

目的地まで着いたら運転手がサービス「完了」をしてくれます。携帯の画面には値段が表示され、乗客は運転手の運転中のマナーなどを評価することができるシステムになっています。

uber8

いかがでしたでしょうか。これなら誰でも簡単に、そして安全に利用できますよね。なお、こちらから登録すると、最初の2回分10レアル割引がもらえるので、ぜひこの機会に登録してみてください。

>>Uberをダウンロードする