ブラジルの各種ビザ取得代行ならアルファインテルが超おすすめ!

ブラジルのビザ取得のために代行業者を使おうと考えている人にはアルファインテルをおすすめします。その理由はだいたい次のようなところです。



スポンサーリンク


そもそもブラジルのビザを取るのになぜ代行業者が必要なの?

ブラジルのビザを取得するのは基本、自分で書類を揃えれば業者を使う必要はありません。特にブラジル大使館、領事館がある都市に住んでいる人はわざわざ使う理由はないでしょう。

一方で近くに大使館や領事館がないとなると話は別です。郵送によるビザの申請、パスポート返却はできないので、誰かが提出し、受け取りに行かなければなりません。

近くに大使館や領事館はあっても忙しくて平日の営業時間内に行けないという人も少なくないはずです。そのときに役立つのがビザ代行業者です。

代行業者はビザの申請に慣れているうえ、大抵大使館や領事館の内部の人と直接コンタクトを取ることができることから、変化に柔軟に対応でき、必要書類やビザの取得日数など詳細を把握している点で強いです。

アルファインテルに依頼したビザ取得代行サービス

今回、アルファインテルにお願いしたのは配偶者向けの永住ビザです。僕が永住権保持者のため、日本にいる妻を呼び寄せるために配偶者ビザを申請しなければなりませんでした。

最近、読者の方からブラジルに移住したい、といった相談を受けることが多くなりました。そこでブラジルで永住権を取得する代表的な方法を紹介いたします。 1、ブラジル人、あるいは

永住ビザともなると、ブラジル、日本から様々な書類を取り寄せる必要が出てきます。その際にも必要書類に関していくつか情報が交差することがありました。領事館やネットに掲載されている情報だけでは不十分なところがあったのです。

そこでいくつか代行業者に問い合わせて見ました。するとそもそも配偶者向けの永住ビザについてよく分かっていない業者もいくつかありました。

そんな中でアルファインテルだけは的確で、詳細な情報を事前に提供してくれたので安心できると思ってお願いすることにしたのです。

ブラジルの永住ビザが1週間で取れた!

アルファインテルは対応がとても速く、メールでのやり取りではいつもすぐに返信が来ました。書類を出すタイミングなども細かくこちらの希望に応じてくれました。

手順は言われたとおりの書類を集め、アルファインテルに全て郵送します。後は申請を待つだけ。結果、アルファインテルのスピーディーな仕事ぶりもあってか、永住ビザがなんと書類提出からわずか1週間で取得できました(ビザの種類や状況によっては取得にそれ以上かかることもあります)。

ブラジル政府機関の働きぶりを考えると、ありえないスピードです。さすが日本というべきか、素直にブラジル大使館に感謝するべきなのかは分かりませんが、とにかくあまりにもスムーズに行ったので拍子抜けしてしまいました。

なんだか宣伝のような記事になってしまいましたが、もちろんアルファインテルからは一銭もいただいていません。ただ、とても素晴らしいサービスを受けたので心から人に勧めたくなっただけです。

もしビザのことでお困りの場合はぜひ問い合わせてみてください

>>アルファインテルのサイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で