ブラジルの日本人留学生が必ず持っているポルトガル語辞書

外国語を勉強するのに高い教材を買う必要は特にありません。今の時代、大抵の情報はインターネットで拾えますので、昔に比べれば独学で外国語を覚えるのが数段易しくなっています。

教材は特に買う必要はありませんが、辞書は持っていても損はないでしょう。辞書もまたインターネットで辞書機能のあるサイトが多く存在しますが、やはり単語数や例の少なさから本には及ばないのが現状です。

現代ポルトガル語辞典

ポル語る.comがオススメするのがこの辞書。 白水社による東京外国語大学名誉教授の池上岑夫先生が作った、ブラジルにいる日本人留学生ならほとんどの人が持っている大人気辞書現代ポルトガル語辞典です。中にはかなりマニアックな単語も載っておりポルトガル語の学習には欠かせないアイテムでしょう。

ポ和だけでなく、最後の方に和ポ辞書も付いていて大変便利です。しかしながら値段が少し高いのと、ページ数が1463ページとやはり英語などほかの外国語と比べると、本の厚さからして見劣りする部分は否めません。英語の辞書ならそれこそ広辞苑並の厚さの辞書はざらにありますが、ポルトガル語では残念ながら見つけられないのが現状です。

和ポ辞書を大幅ボリュームアップしたのはこちらのバージョン。

英語・ポルトガル語辞書 Larousse Concise Portuguese-English/ English-Portuguese Dictionary

さらにレベルアップを図りたい人はポルトガル語・日本語辞書ではなく、ポルトガル語・英語の辞書を買うことです。もちろん英語をすでにある程度勉強した人向けです。

日本語からポルトガル語を勉強するという発想を変えるだけで、随分と世界が広がるからです。英語からポルトガル語を勉強することで両方の相違点などに気づき、より理解が深まり、さらなる語学のステップアップができます。

また、白水社の辞書が結構高いに対し、こちらのラルース出版の辞書Larousse Concise Portuguese-English/ English-Portuguese Dictionaryは かなりリーズナブル。さらに収録単語数は白水社の約5万9000語に対し、23万語と実に約4倍のボリュームです。白水社の辞書を一通り使った後で、次はこういった英語の辞書に挑戦して見るのもいいかもしれません。