持っていると超便利なポルトガル語の電子辞書 カシオEX-word

この記事は 約3 分で読めます。

ポルトガル語を勉強している人のために持っていると何かと便利なポルトガル語の電子辞書を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ポルトガル語の電子辞書ならカシオEX-wordポルトガル語モデルがおすすめ

ずばりおすすめの電子辞書は「カシオEX-wordポルトガル語モデル」。これのすごいところは日本人留学生愛用辞書である白水社の「現代ポルトガル辞典改訂版」を始め、小学館の「現代日葡辞典」、「コリンズポルトガル語辞典」の3つの辞書が収録されているところです。

ブラジルの日本人留学生が必ず持っているポルトガル語辞書はこれ!
外国語を勉強するのに高い教材を買う必要は特にありません。今の時代、大抵の情報はインターネットで拾えますので、昔に比べれば独学で外国語を覚えるのが数段易しくなっています。 教材は特に買う必要はありませんが、辞書は持っていても損は...

また、ポルトガル語教材の「ゼロから始めるポルトガル語」、「ひとり歩きのブラジル・ポルトガル語」が入っていて、これ一つでポルトガル語の辞書&教材の完全版ともいえるツールになっています。

shuroku

カシオEX-wordポルトガル語モデルのメリットデメリット

カシオEX-wordポルトガル語モデルには発音機能が付いていて、ネイティブの単語の発音が聞けるようになっています。また、ポルトガル語だけでなく、英語辞書、国語辞典なども収録されています。

唯一の欠点といえばやはり値段でしょうか。1万円を切ってくれるのが理想なんですが、アマゾンでは2万~3万円代で売られています。ただ、収録されている辞書や教材の合計値段を考えれば決して無駄な買い物ではないでしょう。

メリットデメリットをまとめるとこんな感じです。

  • +3つのポルトガル語辞典が含まれている
  • +発音機能が使える
  • +英語辞典、国語辞典がついている
  • -値段がちょっと高い

まとめ

語学学習者の中には紙の辞書派と電子辞書派の2タイプの人がいると思います。

紙の辞書を使う人は本の重みや独特の匂いが好きだったり、またページ内に細かいメモや線を引いたりするのが習慣だという人でしょう。

もしくはデジタルな物に対して抵抗がある、という人かもしれません。対して電子辞書派の人は学校の授業内や仕事場でも素早く簡単に使える、軽くて持ち運びに便利という利便性を追求する人でしょう。

もしあなたがそのタイプならぜひとも試してみてください。一つ持っていると本当に便利ですよ。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
辞書
ポル語る.COM