文法

中級

ポルトガル語の動詞「estar」と「ficar」の違い

ポルトガル語の動詞「estar」と「ficar」の違いが分からない人がいるみたいなので、今回はこれら二つの動詞について取り上げてみたいと思います。 読者の方からこんな質問をいただきました。ありがとうございます。 On...
上級

ポルトガル語で「もしも~できたら」ってなんていうの? tomara, quem me dera, se ao menos

もしもピアノが弾けたなら、もしもポルトガル語が完璧に話せたら、といった願いを込めたフレーズはポルトガル語では一体どのように話すのでしょうか。いくつかの表現方法を勉強していきましょう。 読者さんからの質問です。あ...
中級

ポルトガル語を英語から覚えるための7つのコツ

今日は英語からポルトガル語を覚える人のためにいくつか両国語の違いを簡単に解説しようと思います。日本語を基にポルトガル語を勉強するよりも、英語>ポルトガル語と勉強していくほうが言語のルーツも近いため覚えるのが断然に簡単になります。とは...
上級

ポルトガル語の縮小辞と拡大辞 Aumentativo e Diminutivo

ポルトガル語には名詞や形容詞のボリューム、サイズ、規模、価値などを表す縮小辞と拡大辞という接辞があります。縮小辞と拡大辞は読み書きではあまり見られませんが、会話では頻繁に使われますので、ぜひ覚えておきましょう。 ポルトガル語の縮小...
初級

ポルトガル語の「saber」と「conhecer」の違い

ポルトガル語のややこしい表現の一つに「saber」と「conhecer」があります。どちらも日本語に訳すと「知っている」などという意味になりますが、使い方には大きな違いがあります。 これらの違いは日本人だけでなく、英語圏の人た...
中級

日本人がよく間違えるポルトガル語の男性名詞と女性名詞は飲み物

外国人にとっては男性名詞と女性名詞は永遠につきまとう問題です。ややこしい男性名詞と女性名詞はいくつもありますが、中でも日本人によく見られる間違いがあることに気づきました。特にレストランなどで飲み物を注文するときに日本人が間違いやすい...
中級

ポルトガル語のpoder、conseguir、 saberの違い

日本語にすると、同じ意味になる単語もポルトガル語では使い方に違いがある単語があります。その最も例が「poder」、「conseguir」、「 saber」じゃないでしょうか。場合によってはこれら3つとも日本語では「できる」、もしくは...
中級

直接疑問文と間接疑問文 Interrogação direta e indireta

ポルトガル語の疑問文には直接と間接の2タイプあります。直接はその名の通りダイレクトに、「~ですか」と聞くのに対し、間接は「~かどうか知りたいんですが」などとさらに情報が多くなります。 また直接疑問文を間接にすることでより丁寧に...
上級

これさえ見えば単語の意味が分かるポルトガル語の接尾辞(接尾語) sufixo

すでにポルトガル語の「接頭辞(接頭語)」については説明しましたが、今回は接尾辞(接尾語 sufixo)について見て行きましょう。 接尾辞を覚えておくことで、単語の語尾の形を見るだけで、その単語がだいたい何を意味するかが¬ぼんや...
上級

ポルトガル語の同音異義語 homófono、homógrafo

日本語には読み方は同じでも意味が違う言葉、同音異義語(homógrafo)がたくさん存在します。特に読み方は同じでも漢字が違う同音異字(homófono)の言葉が多くありますが、ポルトガル語にも少なからず存在します。外国人にとっては...
初級

形容詞 adjetivo

形容詞(adjetivo)は名詞を修飾する品詞で、ポルトガル語の場合、性別や数によって変化するのが特徴です。形容詞も細かく複数に種類に分類することができますが、ここではまず基本的な使い方から覚えていきましょう。 ポルトガル語の形容...
中級

副詞 advérbio

今日はポルトガル語の副詞を勉強していきましょう。ポルトガル語の副詞は主に動詞、形容詞、ほかの副詞を修飾する品詞です。 特徴はほかの品詞とちがって基本的に無変化であるということ。副詞には無数の種類があり、その全てをいちいち覚える...
中級

ブラジルでビックリしたときにはこう言おう、ポルトガル語の感動詞 interjeição

ブラジルでは驚いたときや感動したとき、また呼びかけのときなどに使う表現がたくさんあります。これらを文法用語では感動詞(interjeição)と言います。 「感動詞(かんどうし)とは、感動、応答、呼び掛けを表し、活用がなく...
中級

動詞の不定詞を使うとき infinitivo

通常、ポルトガル語の動詞は主語によって活用しますが、ときと場合により活用しない不定詞 (infinitivo)のままで使うことがあります。 ここではどんなときに動詞が活用せずに不定詞のままで使われるのか、またその例外を見ていき...
中級

絶対最上級 superlativo absoluto

「比較級 comparativo」のところでも少し説明しましたが、今回は最上級(superlativo)をもっと掘り下げていきたいと思います。 比較最上級、同等最上級、相対最上級についてはすでに「比較級 comparativo」で...
上級

よく使われる接続法 subjuntivoの用例

ポルトガル語の動詞には直説法(indicativo)と接続法(subjuntivo)の2種類の法則がありますが、ここでは実際にどんなときに接続法が使われているのかをみていきたいと思います。接続法は教材などによっては間接法と呼ばれるこ...
中級

人称代名詞所有格と所有代名詞 pronomes possessivos

すでに「ポルトガル語の人称代名詞 pronomes pessoais」の記事で軽く説明しましたが、今回は人称代名詞所有格と所有代名詞(pronomes possessivos)に重点を置いて話を進めていきます。 ポルトガル語で...
上級

接頭辞に隠された意味 prefixos

ここでは接頭辞(せっとうじ prefixos)について学んでいきます。本来接頭辞自体の意味を知らなくても単語の意味を知っていれば問題はありませんが、接頭辞を理解しておくと、初めて聞く単語にも対応できるようになります。 例えば「...
中級

不定代名詞 pronomes indefinidos

今日はポルトガル語の不定代名詞を学習しましょう。不定代名詞は簡単に言えばはっきりしない物事、数を表す代名詞です。「いくつか algum(a)」、「それぞれ cada um(a)」、「誰か(alguém)」、「他の(outro(a)」...