ポルトガル語で「貸す」と「借りる」の言い方

ポルトガル語で、何かを「貸す」、あるいは「借りる」はどのように言ったらいいのでしょうか。この記事では最もよく使われる表現をいくつか紹介します。

ポルトガル語で「お金を貸す」ってなんて言えばいいんですか?

ポル語博士
ポル語博士

では「貸す」と「借りる」の両方の表現を覚えていきましょう。

1、emprestar

「(物を)貸す」

1、Se quiser eu te empresto meu casaco, mas depois me devolve. よかったらあなたに私のコートを貸すよ、でも後で返してよ。

2、Meu irmão me emprestou dinheiro para compra de um carro.  私の兄弟が車の購入のために私にお金を貸してくれました。

「emprestar」は貸す側を主体として、誰かに一時的に物を与えることをいいます。英語のloanやlendに相当します。

3、alugar

「(不動産や車などを金品と引き換えに)貸す/借りる/レンタルする」

1、Meus pais alugaram uma casa na praia. 私の両親はビーチに家を借りました。

2、Estou querendo alugar meu apartamento. 私は自分のアパートを貸したいです。

動詞「alugar」は「貸す」と「借りる」の両方の意味で使われるため、非情にややこしいです。そのため、「貸す」という意味で使うときは「私の」、「あなたの」、「彼の/彼女の」といった所有格を使って区別することが一般的です。

3、pedir/pegar/tomar emprestado

「借りる」

1、Peguei dinheiro emprestado do banco para comprar uma moto. 私はバイクを買うために銀行からお金を借りました。

2、Marta tomou o carro emprestado do pai.  マルタは父親から自動車を借りました。

3、José pediu emprestado o lápis a Carlos. ジョゼはカルロスに鉛筆を借りました。

pedir/pegar/tomar emprestadoの場合、借りる側の目線で語られるのが特徴です。この場合、~に借りる/~から借りる、という意味で前置詞の「a」、または「de」が使われます。

本来は文法的には「a」を使うべきだ、という意見もありますが実際会話では「de」のほうが使われている印象です。

まとめ

ポル語博士
ポル語博士

以上がポルトガル語の主な「貸す」と「借りる」の表現です。多少紛らわしさもありますが、会話で主に使う動詞は「emprestar」、「alugar」など限られているので、貸し借りの表現はここで紹介したものを抑えておけば大丈夫だと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
動詞
ポル語る.COM

Q&A

タイトルとURLをコピーしました