ポルトガル語のpoder、conseguir、 saberの違い

poder

日本語にすると、同じ意味になる単語もポルトガル語では使い方に違いがある単語があります。その最も例が「poder」、「conseguir」、「 saber」じゃないでしょうか。場合によってはこれら3つとも日本語では「できる」、もしくは「できない」という訳になると思います。しかし用法には微妙な違いが出てきますので注意しておきましょう。

おおまかに分類すると次のようになります。ただし、使い分けに関しては文法的な意味を理解しようとするより、感覚的に理解するほうが覚えやすいと思います。様々な状況でこれらの単語を聞いていくうちに自然とマスターできるようになるでしょう。

スポンサーリンク

ポルトガル語のpoder、conseguir、 saberの違い

poder

可能かどうか/可か不可か/権利があるかないか/許可されているかどうか/健康、意志などの状態があるかどうか/依頼

conseguir

能力があるかどうか/実現できるかどうか /条件が揃っているかどうか /耐えられるかどうか

saber

技術、能力、知識、情報を持っているかどうか

ポルトガル語のpoder、conseguir、 saberの例文

1、Pode me passar o telefone do Marcos?

マルコスの電話番号を教えてくれませんか。
*依頼を表すpoderにあたります。

2、Não posso te passar o telefone do Marcos.
マルコスの電話番号をあなたに教えることはできません。(許可されていません)
*許可を表すpoderにあたります。

3、Ontem não consegui te passar o telefone do Marcos.
*昨日、マルコスの電話番号をあなたに教えることができませんでした。
*実現を表すconseguirにあたります。昨日は(時間がなくてなどの理由で)実現できなかったという意味になります。

4、Ontem não pude te passar o telefone do Marcos.
昨日、マルコスの電話番号をあなたに教えることはできませんでした。
*許可を表すpoderにあたります。日本語では3と同じ訳になりますが、昨日は許可されていなかった、という意味で多少の違いがあります。

5、Não posso comer doce porque estou com cáries.
虫歯があるので、甘いものは食べることができません。
*歯科医に止められているという意味では「許可」にあたります。また、健康の状態にあるかどうかという意味でのpoderともいえます。

6、Não consigo comer doce porque estou com cáries.
虫歯があるので、甘いものは食べることができません。
*痛みなどがひどい場合、食べたくても食べられないときなど体が耐えられないという意味で、conseguirを使うこともあります。

7、Sei falar português.
私はポルトガル語を話せます。
*技術、能力を表すsaberにあたります。

8、Posso falar português durante a reunião com os americanos?
アメリカ人との会議中、ポルトガル語を話してもいいですか。
*許可を表すpoderにあたります。

9、Perdeu seu ônibus?  Não posso fazer nada.
バスに乗れなかっただって? 私にはなにもできないよ。

10、Não sei fazer nada. Sou muito burro.
私はなにもできない。私って本当に馬鹿なんだ。
*能力を表すsaberにあたります。

11、Não consigo fazer nada porque quebrei os dois braços.
両腕を骨折したから、なにもできないよ。
*実現、条件、耐えられるかどうかを表すconseguirにあたります。この場合はpoderを使うこともあります。

*状況によってはconseguirとpoderを入れ替えても問題なく意味が通じることがあります。ブラジル人の中でもpoderとconseguirを混合して使っている人が多く、様々な状況で同じ意味としてどちらも使われることが多々あります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で