ポルトガル語のnegócioの意味4つ!ビジネスだけじゃないよ

ブラジル人が会話でよく使う単語「negócio」。これを「ビジネス」という意味だと思い込んでいると、場合によっては意味不明な状況に陥るでしょう。そこでこの記事では「negócio」の様々な使い方を紹介します。

ブラジル人ってどんなことでも「negócio」って言いませんか?

ポル語博士
ポル語博士

言いますね。ポルトガル語のnegócioにはたくさんのニュアンスがあるので、少なくとも代表的な意味は知っておくといいでしょう。

1、ビジネスを意味するnegócio

1、Quero montar um negócio, mas não tenho dinheiro. 私は商売をやりたいんですが、お金がないんです。

2、Muita gente tem o sonho de abrir o próprio negócio.  多くの人は自分の商売をやるのを夢見ています。

abrir/montar/começar um negócioで、ビジネス(商売)を始める、という意味になります。

2、店/会社を意味するnegócio

1、Meu pai tem um negócio no centro.   私の父は中心街に店を持っています。

2、Estou encerrando meu negócio. 私は店(会社)を閉めます。

この場合のnegócioは「comércio 商店」や「empresa 会社」に置き換えることができます。2に関しては文脈によっては「ビジネス(商売)」というニュアンスにもなりますね。

3、取引/商談を意味するnegócio

1、Nós precisamos fechar negócio com aquela empresa.  私たちはあの会社と取引を成立させないといけません。

2、Ontem consegui fechar negócio com meu cliente. 昨日私はクライアントと商談をまとめることができました。

この場合、negócioはビジネスではなく、取引を意味します。英語のdealに相当します。「venda セールス」や「contrato 契約」と置き換えることもできそうです。

4、物事を意味するnegócio

1、Tenho um negócio para te contar.  あなたに一つ言うことがあります。

2、Olha que delícia ficou esse negócio.  見て、これ(この食べ物)すごく美味しくできたから。

3、Quem fez um negócio desse?  誰、こんなことしたのは?

なんの名前が分からない物事、またはあえて定義しないものや事柄に対して使うのがこの「negócio」です。とても広い意味を持ち、ポジティブな意味でも、ネガティブな意味でも使えます。

まとめ

ポル語博士
ポル語博士

以上が代表的な「negócio」の使い方です。ビジネスの場面では1~3、カジュアルな会話の中では4が使われることが多いです。

 

4の意味を知らずに「negócio」と聞くと、一体なんの話をしているのか混乱してしまいそうですね。ぜひここで覚えて、会話のバリエーションを増やしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
単語
ポル語る.COM – ポルトガル語学習サイト

Q&A

タイトルとURLをコピーしました