ポルトガル語のcoisaの使い方10個!会話で最も使われる単語だよ

この記事は 約7 分で読めます。

ポルトガル語の「coisa」には「物」や「事」などの意味がありますが、その使い方は無限の可能性を秘めています。そこで様々な用途、目的に使える便利な単語「coisa」の表現方法を紹介します。

ポル語博士
ポル語博士

「coisa」の意味は「物」や「事」だけじゃないですよ。ほかにも意味はたくさんあります。あなたはいくつ知ってるかな?

スポンサーリンク

1、uma coisa

「ひとつ」、「一言」、「ひとつだけ」

1、Posso te falar uma coisa? É errado maltratar as pessoas desse jeito. 一言だけ言わせてもらえる? 人をそんな風にひどい扱いをするのは間違ってるぞ。

2、Vou te aconselhar uma coisa. Nunca compre parcelado com cartão de crédito!  ひとつだけ君にアドバイスしておくよ。決してクレジットカードで複数払いはするな!

「coisa」に「uma」を付けることで、一つ、一言、一個などを強調することができます。何かをいうときにワンクッション置くときによく使います。

2、alguma coisa

「なにか」

1、Eu gostaria de beber alguma coisa. 何か飲みたいんですが。

2、Meu irmão não veio porque ele tem alguma coisa para fazer. 兄は何かやることがあるので来ませんでした。

はっきりしないもの、まだ決まっていないものを指すときには「alguma coisa」がよく使われます。

また、これと同じニュアンスで「uma coisa」が使われることもあります。

1、Quero comer uma coisa doce. 何か甘いものでも食べたいです。

2、Estou sentindo uma coisa na barriga. なにかお腹が変な感じがします(痛いです)。

3、qualquer coisa

「どんなもの」、「どんなこと」、「なんでも」

1、Qualquer coisa que eu faço você reclama. 私がなにをしてもあなたは文句を言うんだ。

2、Vamos comprar um presente para a mãe! Pode ser qualquer coisa.  お母さんのためにプレゼントを買いましょう。どんなものでもいいから。

この場合、「qualquer coisa」は、どんなもの、どんなこと、いかなるもの、いかなること、などのニュアンスになります。

また、「qualquer coisa」は「なにかあったら~」、「進展があれば~」というシチュエーションでも使えます。

1、Qualquer coisa a gente fala.  何かあったら(また)話しましょう(連絡しましょう)。

2、Se voce souber de qualquer coisa, por favor me avise! 何かわかったら教えてください。

4、a coisa

「状況」、「立場」

1、A coisa está muito complicada.  状況はとても厳しい。

2、A coisa está feia entre Eduardo e Paula.  エドゥアルドとパウラの関係はひどいものになっている。

この場合の「a coisa」は物事、状況、関係、立場などを表します。しばしばネガティブな意味で使われます。

5、Que coisa é essa?

「なんだこれは?」、「一体なんてことなんだ?」

1、Que coisa é essa?  Não acredito! Você comprou outro celular. なんだこれは? もう一つ携帯電話を買っただなんて信じられないよ。

2、Por que todos os trabalhos estão atrasados?  Que coisa é essa?  なんで全ての仕事が遅れているんだ? 一体どうなってるんだ?

信じがたいこと、ありえないことに対する質問文として使われるのが「Que coisa é essa?」です。

6、Que coisa+形容詞

「なんて~なんだ」、「なんて~だこと」

1、Que coisa linda! Nunca vi uma mulher tão bonita como você. なんて美しいんだ。君のようなかわいい女性は見たことがないよ。

2、Ladrão roubou uma caminhonete e bateu no carro de um policial. Que coisa mais absurda! 泥棒がピックアップトラックを盗んで、警察の車に追突したんだって。なんて間抜けなんだろう。

この場合、「Que coisa+形容詞」で喜び、悲しみ、驚きなどを表す感嘆文になります。物事だけでなく、人に対しても使えます。

7、coisa de+名詞

「~がやることだ」、「典型的な~がよくすることだ」

1、Video game é coisa de moleque. Eu não jogo.  ビデオゲームなんて子供のやることだ。俺は決してやらない。

2、Para de falar sobre a vida de outros. Fofoca é coisa de mulher.  他人の人生について語るのはやめろ。噂話なんて女みたいだな。

「coisa de+形容詞」でしばしば偏見を含んだ「まるで~のようだ」、「~がよくやることだ」という文章になります。誰かの特徴を引き合いにするときに使われます。

8、coisinha

「小さな物事」、「些細なこと」、「取るに足らないこと」、「それほど大切じゃないこと」

1、Que coisinha mais linda!! なんて小さくて美しいものなのかしら。

2、Minha irmã sempre chora por qualquer coisinha! 私の妹はいつも些細な事で泣く。

3、Junte essas coisinhas que estão espalhadas pelo chão e jogue no lixo por favor. 床に落ちたそれらの小物を片付けて、ごみ箱に捨ててください。

coisinhaには「小さくて愛らしいもの」、「重要性の低い物事や人物」、「価値の薄い物事」など様々な意味合いがあります。

9、coisa nenhuma

「なにも」、「どんなことも」、「決して~ではない」

1、Grêmio jogou coisa nenhuma no domingo. グレミオは日曜日の試合でまるで何もしなかった。

2、Não sou boazinha coisa nenhuma. 私は決していい子ちゃんではない。

「nada」の代わりに使われる表現で、「決して~でない」、「なにも~ではない」という否定文になります。

10、coiso

「物事」、「それ」、「あれ」、「奴」、「そいつ」、「あいつ」

1、Ei Marquinhos, pega aquele coiso ali pra mim rapidinho. マルキーニョス、ちょっとそこにあるやつを取ってくれるかな。

ときどき会話では「coisa」を男性名詞にして「coiso」ということもあります。その場合は、なにかわからない物や人を指すことが多いです。または、いちいち名前をいうほどのことでもない物や人に対して使われます。

しばしばボルソナロ大統領のことを揶揄するときに「coiso」という人もいます。

まとめ

ポル語博士
ポル語博士

以上、10通りの「coisa」にまつわる表現を紹介しました。たくさんのニュアンス、使い方があるので使いこなすのは大変。でもマスターすれば、曖昧な物事はだいたい「coisa」だけで表現できるはずです。

とても便利なのでぜひとも練習してみてくださいね。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
単語
ポル語る.COM
タイトルとURLをコピーしました