ポルトガル語で「こっちにおいで」の言い方3つ

ポルトガル語で、誰かを自分のいるところまで呼ぶとき、なんて言えばいいのでしょうか。ここでは「こっちに来て」、「こっちにおいで」などの表現を3つ紹介します。

犬に「こっちに来い!」ってポルトガル語で命令するにはどういえばいいですか?

ポル語博士
ポル語博士

犬に限らず、誰かを自分の場所に呼ぶ方法はいくつかあります。主な言い方を説明しますね。

1、Venha aqui

「こっちに来て」

1、Venha aqui, seu vaga­bundo.   こっちに来い、この怠け者が。

2、Venha aqui, por favor.  こっちに来てください。

動詞virの命令形で、こっちに来て、という意味になります。英語のCome here!に相当します。

2、Vem aqui

「こっちに来て」

1、Vem aqui, menina.  お嬢ちゃん、こっちにおいで。

2、Vem aqui, me explica o que aconteceu.  こっちに来て、何が起こったのか説明して。

動詞virの命令形を直説法にしたカジュアルな形です。会話でよく使われます。

ポルトガル語の命令形の使い方を解説
命令するとき、ものを頼むとき、アドバイスするときなどに使われる命令形(imperativo)。ポルトガル語では命...

3、Vem cá

「こっちに来て」

1、Vem cá, vamos conversar!  こっちに来て、話そうよ。

2、Bora! Vem cá tomar uma! さあ、こっちに来て一杯飲もうよ。

cáは「aqui ここ」、「este lugar この場所」などの意味があります。とても砕けた言い方で、カジュアルな会話で度々登場する単語です。

まとめ

ポル語博士
ポル語博士

以上がポルトガル語の「こっちに来て」、「こっちにおいで」でした。3つ紹介しましたが、命令形か、カジュアルな言い方かぐらいで、それぞれにそれほど大きな違いはありません。

 

また、命令形だろうと、カジュアルな言い方だろうと、強い口調で言えばきつく聞こえ、por favorを付けて優しく言えば丁寧に伝わります。目的に合わせて使い分けをしていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
フレーズ
ポル語る.COM – ポルトガル語学習サイト

Q&A

タイトルとURLをコピーしました