日本人が必ずつまずくポルトガル語の発音 pronúncia

pronuncia

今日は日本人が間違えやすいポルトガル語の発音について触れたいと思います。ポルトガル語には日本語にない音がいくつもあるため、ついつい日本語読みしてしまうことがあると思います。カタカナにしたら同じように聞こえる音でもブラジル人からしてみれば全く違う言葉に聞こえるため、少しでも言い方を間違えると、相手に通じないことがあるはずです。自分ではちゃんと言ってるはずなのになぜか相手は理解してくれない。それにはちゃんと理由があるのです。



スポンサーリンク


難しいポルトガル語の発音

-ãoの発音

ポルトガル語特有の一番代表的な発音です。カタカナにすると、「オン」や「ォン」などと書くことができると思います。ただ、この通りに読んだだけではほとんど正しい音を再現することはできないでしょう。コツは喉をうならせるように奥から音を出すことです。そしてどちらかと言うと、「ン」ではなく、「ォ」を強調するのがいいと思います。「オン」とはっきり言うのではなく、小さい「ン」のようなイメージです。

音声を聞いて見ましょう。(スピーカーを読み込むのに時間がかかる場合があります。)

例1

são – 動詞serの複数形

som 名詞 音、サウンド
違いが分かるでしょうか?

例2

No seu lugar – あなたの場所で、、、

Não é seu lugar. あなたの場所ではない。

「no」と「não」の音は大きく違います。

Lの発音

ポルトガル語だけに限りませんが、外国語を習い始めの時はLとRを区別するのに苦労すると思います。単語の頭文字や途中にLが来る場合、舌を上部の歯茎に付けるのが特徴です。それに対し、単語の語尾にLが来る場合はLではなく、Uの発音になります。

音声を聞いて見ましょう。(スピーカーを読み込むのに時間がかかる場合があります。)

例1
luvas 手袋
estrela 星
単語の中にLとRが一緒に入ってくると、難しくなります。

especial 特別

単語の語尾にLが来る場合はUの発音にします。

ziとdiの発音

サッカー選手のジーコのことをポルトガル語では「ズィーコ」と言い、「ジーコ」と言うと通じません。カタカナの「ジ」はポルトガル語の「di」に当たり、ポルトガル語の「zi」はカタカナで書くと「ズィ」のようになります。

音声を聞いて見ましょう。(スピーカーを読み込むのに時間がかかる場合があります。)

例1

Zico  サッカー選手の名前

bonzinho 名詞 いい子、いい人

zinhoが「ズィーニョ」になるので注意しましょう。

これに対し、サッカー選手のロナウジーニョの「ジ」は「di」の音になります。

Ronaldinho サッカー選手の名前 (頭文字に来るRはハ、ヒ、フ、ヘ、ホの音になります)

これ以外にも間違いやすい発音は多々ありますので、また、近いうちに続編で紹介したいと思います。