ポルトガル語の「costa」と「costas」の違い

costas

ポルトガル語で背中は「costas」と言いますが、人には背中は一つしかないのに複数形扱いされる珍しい単語です。それに対し、「costa」は「海岸」を意味し、二つの単語には何の関連性もありません。ではなぜ「costas」は複数形なのでしょうか。

スポンサーリンク

ポルトガル語の「costa」と「costas」の意味

ある説によれば、「costas(背中)」は背骨によって右側と左側の二つに分けられており、両側が機能することで初めて背中の役割を果たすからだそうです。

これと同じ理論が「nádegas(尻)」という単語にも適用されます。尻もまた左右に分かれているからだそうです。しかし同じ尻でも「bunda」は単数形を使います。

これは「costas(背中)」や「nádegas(尻)」は医学的な観念から捉えた言葉であるのに対し、「bunda」は俗語だけに一般的な観念から捉えた言葉だからと言えるかもしれません。

また、「óculos(めがね)」も常に複数形で使われる単語です。「óculo」と単数にすることも可能ですが、単数ではどちらか片方のレンズを意味します。

その他にも「parabéns(おめでとう)」、「pêsames(お悔やみ)」、「condolências(哀悼)」などが通常複数形で使われます。

これに対し、「ônibus(バス)」、「lápis」は語尾にsが付きますが複数形ではないので注意しましょう。これらの単語は複数になっても「dois ônibus」、「quatro lápis」と語尾が変化しないのが特徴です。この機会にぜひ「ポルトガル語の単数形と複数形」をもう一度復習してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で